芝付け後の手入れについて|疲れる草刈りは代行業者にお任せ|お庭に関する悩みを解決

疲れる草刈りは代行業者にお任せ|お庭に関する悩みを解決

ガーデニング

芝付け後の手入れについて

芝生

ガーデニングを趣味とする人の中には、庭に芝付けを行なった人がいるかと思います。芝付けを行なった後には、しっかりとした手入れを行なわなければなりません。芝付け後の芝生の手入れとしては、水やり・施肥・刈り込み・エアレーション・雑草対策・病虫害対策等が挙げられます。水やりは芝が根付くまで行なう必要がある他、生育期・乾燥機にも水をやる必要があります。施肥というのは肥料を施すという意味で、この時に使用される肥料は芝の生育を促すためのものでなければなりません。刈り込みについては、芝の高さ調整・美観を意識して整えていく作業になります。エアレーションは芝の根を切る・地中に空気を入れるといった目的で行なわれる作業で、芝生を活性化させる効果を得ることが可能です。

雑草対策・病虫害対策は文字通り、雑草が生えてこないようにしたり、病虫害の発生を防止したりする作業になります。このように、芝付け後の芝生の手入れには、様々な作業があるのです。もし、それらの作業を全て行なう時間が無いというのであれば、専門の業者に代行してもらうと良いでしょう。専門の業者であれば芝生の取り扱いに長けているため、高品質なサービスを提供してくれるはずです。また、そういった専門業者は芝付け後の芝生の手入れだけでなく、年間管理まで引き受けてくれます。専門業者に芝生の手入れを依頼する際に掛かる費用は芝生の広がっている範囲によって決まりますので、詳細な費用を知りたいのであれば業者に見積調査を依頼しましょう。また、インターネットを活用することによって、土地面積別の価格相場を見ることも可能です。