初心者による伐採の危険性|疲れる草刈りは代行業者にお任せ|お庭に関する悩みを解決

疲れる草刈りは代行業者にお任せ|お庭に関する悩みを解決

ガーデニング

初心者による伐採の危険性

伐採

日本に住む数多くの人の中には、庭に木が生えているという人がいるでしょう。もし、その木が手入れもされず放置されており、枯れ木となっているのであれば、伐採することをお勧めします。枯れ木を放置すると時間を掛けて腐っていき、シロアリの発生原因となることがあるのです。また、最悪の場合、倒れてしまう可能性もあります。大きな木が倒れた時には、建物の損壊や近くにいる人が怪我をしてしまう等、様々な危険性が予想されるでしょう。そういった木を伐採する時には、専門業者への依頼をお勧めします。もちろん、チェーンソー等の工具を購入することによって自身で伐採を行なうことも可能ですが、それはお勧めできません。

チェーンソーを使用していると、キックバックという現象が発生することがあります。これは、高速で回転する刃が木の伐採中に硬い箇所にぶつかった際に発生する現象です。硬い箇所にぶつかった刃は成人男性でも抑えられない力で弾かれるため、その弾かれた刃で怪我をしてしまうといったケースが多く発生するのです。怪我で済むのは幸いなケースで、実際には腕を切り落としてしまったり、首に命中して死亡してしまったりするケースも報告されています。そういった事故を避けるためにも、木の伐採は業者に任せた方が良いのです。一本のみの伐採であっても、業者に任せましょう。数多くの人の中には、チェーンソーではなくノコギリであれば大丈夫だろうと考える人もいるかと思います。確かに、ノコギリであれば死亡事故を避けるができるかもしれません。しかし、ノコギリによる伐採は時間が掛かるだけでなく、労力も使います。また、木の重みによってノコギリが引っ掛かり、大きくしなることがあります。その時にはノコギリが折れてしまうことがあり、その時に発生した破片によって怪我をしてしまうことがあるのです。つまり、ノコギリでは伐採効率が悪いだけでなく、怪我のリスクもあるということになります。どちらにせよ、専門業者に任せた方が良いということです。